webツール

プラグインWebSub/PubSubHubbubの効果と設定方法!

WebSub/PubSubHubbub

あなたは、自分が書いた記事をいち早くGoogleに知ってもらいたいですよね?

せっかく自分が書いた記事でも、トレンドブログとなると誰かに真似されたりしがちです。

そしてもし自分がGoogleに記事を書いたことの連絡が遅れてしまうと、パクられた方のあなたの記事がパクリ記事となってしまうのです…。

自分は悪いことをしていないのに、Googleからパクリ記事と評価されてしまうなんて、そんなの耐えられませんよね。

そんな時に便利なのがワードプレスのプラグイン「WebSub/PubSubHubbub」です。

では今回は、WebSub/PubSubHubbubの効果と設定方法について解説していきたいと思います。

WebSub/PubSubHubbubの効果

WebSub/PubSubHubbubのプラグインをインストールすると、自分の記事をいち早くGoogleに知らせてくれるため、スクレイピングを未然に防ぐことが可能です。

スクレイピングとは、コピーした(パクった)記事が先にインデックスされてしまい、そのコピー記事がオリジナルだと判断されてしまう仕組みのことです。

あなたは、ツイボットなどは聞かれたことがありますか?これはTwitterで自動的に自分が設定した時間に設定した内容をつぶやけるボットのシステムなのですが、今は、色々な手法で自動でコピー記事を作成してしまえたりする機能が多いんですよね。

ツイボットが悪いわけではないですが、こういった便利な機能がある反面、本来の目的ではない誤った使い方をしたり悪用したりする人も少なからずいます。

当たり前ですが、Googleは誰の書いた物がオリジナルかなんてわかりませんから、先にインデックスされた方がオリジナルとみなされるというわけですね。

では、WebSub/PubSubHubbubの設定方法を見ていきましょう。

WebSub/PubSubHubbubの設定方法

①まず、ダッシュボードの「プラグイン」から「新規追加」を選びます。

設定方法

②次にキーワード検索の部分に「WebSub/PubSubHubbub」と入力します。

検索

③最後に、有効化をクリックします。

有効化

以上で設定は終わりです、とても簡単にできましたよね。

しかし、このプラグインを有効化したからといってすぐにインデックスされるわけではありません。同じように手動でGoogle search consoleにインデックスさせることも必要です。

Google search consoleのインデックス方法はこちらに記載しておりますので、宜しければご参考にしてみてくださいね。

Google Search Console
【初心者向け】Google Search Consoleの登録方法とインデックス方法!あなたは、Google Search Consoleを導入していますか? Google Search Console(グーグル サーチ...