webツール

【初心者向け】Google Search Consoleの登録方法とインデックス方法!

Google Search Console

あなたは、Google Search Consoleを導入していますか?

Google Search Console(グーグル サーチ コンソール)は、昔はウェブマスターツールと言われていました。

Google Search Consoleの役目は、Googleの検索結果から、自分のサイトのパフォーマンスを確認できたり、SEO対策やサイトの改善などの参考として色々と管理ができる無料の診断ツールのことです。

Google Search Consoleに自分のサイト記事のURLをインデックスさせることで、クローラーに巡回してもらうことが可能となり、検索される率が高まります。

今回は、初心者でも簡単に理解できるGoogle Search Consoleの登録方法とインデックス方法についてご紹介していきますね。

Google Search Consoleの登録方法

①まず、Google Search Consoleに自分のグーグルアカウントでログインします

②次に、右上にある赤い「プロパティを追加」というボタンをクリックします

グーグルサーチコンソール

③次に、自分のウェブサイトのURLを入力し、「追加」をクリックします

(自分のサイトは複数登録することが可能です)

グーグルサーチコンソール、URL

④次に、「別の方法」のタブを選択し、一番上のHTMLタグにチェックを入れます

グーグルサーチコンソール、HTML

⑤次に、コードをコピーして自分のサイト内にある<headタグ>に埋め込みます

グーグルサーチコンソール、metaタグ

⑥最後に、貼り付けた自分のサイトを更新した後、「確認」ボタンをクリックします

以上が簡単な登録方法となります。

Google Search Consoleのインデックス方法

①まず、「URL検査」をクリックする

②次に、虫眼鏡マークのところに、インデックスさせたい自分のURLを入力する

グーグルサーチコンソール、インデックス

③次に、「インデックス登録をリクエスト」をクリック

グーグルサーチコンソール、インデックス

④公開URLがインデックス登録できるかのチェックは1~2分の時間がかかるので待つ

グーグルサーチコンソール、テスト

⑤次に、「自動車」や「消火栓」など、固有名詞と一致した写真を選択する

⑥リクエストの送信中となる

⑦最後に、インデックス登録をリクエスト済みとなるので「確認」をクリックする

グーグルサーチコンソール、インデックス

以上が、Google Search Consoleのインデックス方法になります。

Google Search Consoleのインデックスのタイミングについて

Google Search Console、index、タイミング

Google Search Consoleって、インデックスのタイミングに悩みませんでしたか?

私は最初の頃凄く悩んでいて、基本的なことすぎて検索しても載っていなくて困りました。

でも、結論から言うと、Google Search Consoleは頻繁にインデックスしてください!

勿論ひとつの記事を何度もインデックスしてくださいということではありません。

新しい記事を書けば、その手でインデックスしてください。

また基本的に、一度書いた記事に変更があったり更新をするたびに記事のURLをインデックスさせることが必要になってきます。

いずれはインデックスされるものですが、初心者のうちはブログのサイトパワーも弱いと思いますので、頻繁にされることをオススメします。

まとめ

いかがでしたか?

Google Search Consoleの登録方法とインデックス方法は意外と簡単でしたよね?

また、自分で悩んだ時は必ず同じ悩みを抱えている人がいると思うので、不安なまま放置せず、必ず検索して答えを見つけ出すようにしてください。

インデックスの速度を上げることで、自分の記事が早く人の目にも触れやすくなりますし、そうするとアクセスにも繋がっていくので、必ずGoogle Search Consoleのツールは利用してくださいね。

正しいやり方で続けていれば、必ずあなたの努力は実りますよ。

WebSub/PubSubHubbub
プラグインWebSub/PubSubHubbubの効果と設定方法!あなたは、自分が書いた記事をいち早くGoogleに知ってもらいたいですよね? せっかく自分が書いた記事でも、トレンドブログとなると誰か...