アフィリエイト

旦那の安月給で辛い時の対処法!在宅でブログをして自分でも稼ごう

旦那、安月給

旦那さんの安月給で日々の生活に困っている」という奥様はとても多いと思います。

この世知辛い世の中、旦那さんの月収の手取りが15万ほどの人だって大勢いるのではないでしょうか。

旦那さんが安月給だと豊かな生活などできるわけもなく、奥さんがパートに働きに出たとしてもパートの給料だけでは日々の生活が苦しかったり、肉体的にも精神的にも疲弊している夫婦は多いはずです。

マイホームを持てば住宅ローンだってあるし、毎月の家賃が苦しい人もいます。

その上、お子さんがいる家庭となると、生活費や教育費などの出費も更にかさみますよね。

今回は、自分もパート働いているけれど、旦那さんの安月給で自分の稼いだ収入を生活資金に回さなくてはいけないと困っている方や、パートのお給料だけでは安すぎるという方向けに、自宅にいながらでも”パート以上に稼げる可能性のある”とっておきの対処法を伝えたいと思います。

B子さんの話

旦那の安月給にイライラする日々

旦那、安月給

まず始めに生活に困っている方の体験談として、私の知人B子さんの話をしますね。

B子さんの旦那さんはブラック企業とも言われている中小企業に勤めているのですが、毎月の基本給が9万円程度です。

他の色々な手当も合わせると手取りは15万ぐらいあるそうですが、これから子どもを育てていかないといけないし、あまりに過酷な現実に、B子さんは自分も働かざるを得なくなり、毎日スーパーでパートをしています。

当の旦那さんといえば、転職を勧めても探すわけでもないし、副業を始めるわけでもなく、なんの努力もせずただダラダラと毎日仕事に行く日々…

子どもの世話をしたり家事を手伝うわけでもなく、家に帰ってくると「自分は仕事をしてきた」と言わんばかりにテレビを見てビールを飲みながら寛いでいる。

しっかりと給料を稼いできていたら話は別だけど、安月給なのに横柄な態度…

そんな旦那さんにB子さんはイライラする日々でした。

生活費が苦しすぎて遂にケンカに…

これまでどんなに苦しくても、旦那さんに直接文句は言わずに頑張ってきたB子さんですが、最近、疲れからか度々身体を壊すようになってしまい、体力的にも精神的にも限界の状態になっていきました。

ついにB子さんは「働きながら家事と育児をするのはしんどいなぁ…」と旦那さんに言うと、とても嫌な顔をされてしまい、「俺も仕事してるんだから、俺の前でしんどいって言わないでくれる?」と吐き捨てられました。

そして遂に「だったら転職するか副業するかしろ~!」と強く言い返してしまい、ケンカになってしまったのです。

生活費が苦しいのは夫婦関係を危うくする

離婚

いかがですか?

この話を聞いて、なんだかとても悲しい気持ちになりますよね…。

生活費が苦しいという理由でケンカになってしまうというのは、とても残念なことです。

しかもお給料の話は旦那さんのセンシティブな問題でもあるので、人になかなか打ち明けにくいというのもあると思います。

それに自分のパートのお給料がもし旦那さんより上回っていたら、誰かに相談しても嫌味にとらえられたりする可能性もあります。

旦那さんの安月給が原因で、夫婦間に歪みが入ってしまい、最悪の場合「離婚」なんてことも考えられます。

一方で、専業主婦で自由なお金がなく、旦那さんの給料だけで生活していて、旦那さんに罪悪感を感じて自分を追い詰めてしまったA子さんのような人もいます。

お金
専業主婦は自由なお金がない!私が自宅にいながら自由なお金を手に入れた方法を公開!専業主婦でおそらく一番悩みなのが、「旦那さんに養ってもらっている状態なので自分が自由に使えるお金がない(あっても少ない)」ことではないで...

旦那さんが安月給だったり、自分の自由なお金がないというのは、精神的にも苦しいものですよね。

なので、なんとかこの状況を打開すべく、対処していきたいですよね。

毎月生活していくにはどのくらい必要か

では、実際に毎月生活していくには、一体どのくらいの額が必要となってくるのでしょうか。

まず、夫婦2人のみの世帯が毎月の生活にかかる費用の一例をご紹介します。

住居費…8万円
食費…4万8,000円(外食費を含む)
光熱費…7,500円
水道代…4,000円
通信費…2万4,000円
交際費…1万5,000円
衣類等…2万円
合計…19万8,500円

引用:Rakutenお金の総合案内「美人のマネ活」より

これは、20代の夫婦2人暮らしを想定して考えたものなので、様々な状況や環境でも変わってくるので人によりけりですが、あくまで一例としてご参考にしてみてさい。

大体20万円ぐらい月に必要なようです。

次に、夫婦+子ども2人の4人家族の世帯にかかる費用の一例です。

住居費…12万2,500円
食費…4万3,750円
水道・光熱費…2万円
通信費…2万円
交際費…2万円
衣類、趣味等…4万円
医療費、保険…2万5,000円
合計…29万1,250円

引用:Rakutenお金の総合案内「美人のマネ活」より

夫婦+子ども2人の4人家族ともなると、一気に生活費は増えますよね。

大体30万円ぐらい月に必要なようです。

住居費が一気に上がっていますが、これはマイホームの住宅ローン返済によるものです。

4人家族ともなると持ち家に住む人も多いためでしょう。

家族が多い分、医療費や保険代もかかってきますよね。

 

こうして具体的な例を見てみると、毎月生活していくのに必要な額はまかなえるぐらいの給与額でないと、生活に困窮するということがよくわかります。

またそれ以上に、自分にお小遣いが必要だったり、ゆとりある生活を望むとなると、パート代以上に大きく稼ぐ必要がありますよね。

では、旦那さんが安月給で奥さんのパート代も安く、どうしようもない場合はどうしたら良いのでしょうか?

安月給で生活に困った時の対処法

抑えられる部分は抑えて節約生活を送る

夫婦ともに安月給なのに豊かな生活は送れませんよね。

誰しもしていることかもしれませんが、日常の生活費を節約することで少しでも出費が少なく済むので、節約術は身につけた方が良いかと思います。

例えば…

  • 安いスーパーの広告を見て特売品を購入し食費を削る
  • 娯楽にかけているお金を減らす
  • 外食を減らして自宅で作って食べる
  • 飲み会などの交際費を減らす
  • スマホやネット代を見直す
  • 電気代やガス代などを見直す

私がざっと考えつくのでもこれだけあるので、節約上手な方はもっと色々な部分で節約されていると思います。

こういった小さなことの積み重ねで、出費が少なく抑えることができるので、これはまず一番に是非やってみてください。

冷静に将来について夫婦で話し合い折り合いをつける

夫婦、折り合い

とは言え、お金がないというのは将来も不安になるし、本当に苦しいものだと思います。

個人的には、勇気を出して旦那さんと将来のことについて話し合う機会を持ち、折り合いを見つけていくことが大事だと考えます。

その時にポイントなのが、「旦那さんへの感謝の気持ちは忘れない」ということです。

奥さん側もパートで働き、その上家事や育児で大変苦労はされていると思いますが、旦那さんに対して「働いて当たり前」という意識はなるべく持たないようにしましょう。

朝早くから夜遅くまで毎日働いていてくれていることに感謝して、現状の自分の想いを優しく伝えましょう。

どちらも感情的になってしまうとケンカになってしまうので、あくまで自分は冷静に穏やかな口調で話し合うことが大切です。

そうすることで、旦那さんの態度も少しは変わるかもしれません。

やはり夫婦間の問題は第三者からとやかく言われるものではなく、当人同士で将来どうすべきかを考えていかないといけないですしね。

パートのお給料を見直し高額時給のパートを探す

そんなの当たり前と思われるかもしれませんが、奥さんのパート代を上げることです。

仕事内容や労働時間にもよりますが、主婦のパート労働の平均額は約月10万円で年収にすると120万円だと言われています。

旦那さんの扶養内でパートに働きに出ている人がほとんどですね。

ただ、月収10万となると少しは生活の足しにはなるかもしれませんが、旦那さんが安月給の分、ほぼ生活費になってしまうのではないでしょうか。

もっとゆとりを持って暮らしたいのであれば稼げる金額を上げる他ないですよね。

だからこそパート代が少しでも多くもらえるような仕事を見つける必要があります。

ただ、時給が高い仕事は専門性が必要であったりと簡単ではないし、お子さんのいるご家庭もあると思うので、なかなか外へ出てパートで働けない人も多く労働時間も限られてくるのでお給料が増えないという悩みがあるのが現状だと思います。

外で働けない主婦や時間のない主婦は自宅で働くのがベスト

「子どもが小さいから外で働けない」とか、「家事や子育てで忙しく働く時間が限られている」という人は自宅で働くのが1番良いと私は思っています。

また、「専門的なスキルや資格を持っていない」という人にもオススメします。

自宅にいながら稼ぐことができるというのは、本当に融通が効きます!

パートで働くとなると会社に通勤しなければならない時間もあるし、拘束される時間が多いですよね。

でも、自宅で働けるというのは、誰から拘束されるわけでもなく、そんな通勤の時間は不要なのです。

子どもが学校に行っている間に仕事をしたり、小さな子どもがいる人であればお昼寝の時間帯に工夫して仕事をするということもできますよね。

私が自身を持ってオススメする「ブログアフィリエイト」

ブログアフィリエイト

私が現在しているのは「ブログアフィリエイト」というビジネスです。

ブログアフィリエイトとは、ブログで広告収入を得るビジネスのことです。

私は自宅で働くには一番ブログアフィリエイトが確実だと、自身を持って心からオススメすることができます。

なぜかというと、「初心者の主婦の方でもダントツで始めやすい仕事」だから。

ブログアフィリエイトの具体的な仕組みについてはこちらをご参照くださいね。

お金
専業主婦は自由なお金がない!私が自宅にいながら自由なお金を手に入れた方法を公開!専業主婦でおそらく一番悩みなのが、「旦那さんに養ってもらっている状態なので自分が自由に使えるお金がない(あっても少ない)」ことではないで...

そして、あなたの安月給問題を解決するためになぜブログアフィリエイトをオススメしているのかというと…

経済的・時間的にゆとりがない問題を解決するためになぜブログが良いのか

時間に融通がきき、仕事をコントロールできるから

先程もお伝えしたように、自宅でブログをやることは融通がきくので、仕事を自分なりに上手にコントロールできます。

会社だと、パートさんでもなかなか簡単に休むことができないですが、在宅で働くということは、休みたい時に休め、仕事内容をセーブすることだって可能です。

子どものことをいつでも一番に考えてあげられることができ、好きな時間に仕事ができるというのは魅力のひとつです。

パート以上に大きく稼げる可能性があるビジネスだから

お金

収入面でも、パートで稼ぐ金額とは比較にならないぐらい大きく稼げることだってあります。

実際に私がやっているブログアフィリエイトは、収入に限界はないビジネスなので、自宅で働ける上に大きく収入を得るということも可能な魅力的な仕事です。

私の知り合いの中には、元々主婦だった方がブログアフィリエイトを始めてどんどん収入が増えてきて生活が激変した人がいたり、月収1,000万以上を稼ぐ女性起業家だっています。

パートで時間やお給料に制限がある環境とは全然違いますよね。

一度仕組みを作ってしまえば安定した収入が得られるから

仕組みを作ってしまうまではある程度の努力が必要ですが、一度稼げる仕組みをブログで作ってしまえば、あとは自動的に安定した収入が入ってくることが可能です。

ブログを始めてすぐに大きく稼げるわけではなく、最初は数百円程度の収入かもしれませんが、努力次第で大きく稼げることも夢ではありません。

パートだと、働いた時間だけしか収入が得られないのに対し、ブログアフィリエイトは、自分が作業していない時間も定期的に収入が得られます。

安定した収入が労働時間に関係なく入ってくるというのは、精神的にも時間的にもゆとりを持てるのではないでしょうか。

ブログアフィリエイトにはメリットが盛りだくさん

経済的にも時間的にもゆとりを持つためにはブログアフィリエイトをオススメしてきましたが、ブログアフィリエイトのメリットは他にもまだまだたくさんあります。

  • 初期費用が少ないから簡単に始められる
  • パソコン1台あれば場所問わずどこでも仕事ができる
  • 空いた時間を見つけて自分の好きな時に作業ができる
  • 専門的なスキルや資格を持っていない人でも大丈夫

ブログアフィリエイトは、ブログ全くの初心者の方や、専門スキルや資格のない方、自宅でしか働けない方にこそ選ばれている仕事なのです。

だからこそ、主婦が始めるのにハードルが低いブログアフィリエイトを、私はあなたに自信をもってオススメしています。

まとめ

旦那さんの安月給から抜け出す方法は色々あるかと思いますが、自分で働いて大きく収入を増やすというのが一番有効で手っ取り早い方法なのかもしれません。

まずは旦那さんと将来に向けて話し合うことが大切ですが、それでもどうしても困窮していて辛い時は、「在宅でブログアフィリエイトをする」という選択肢を是非あなたに持って欲しいと思っています。

自宅にいながらにして安定した収入が入り、それを生活費に回せるというのはとても助かりますよね。

その上、ブログアフィリエイトは知識をつけ一定の努力さえすれば、生活費云々ではなく、それ以上に大きく稼げてあなた自身の自由に使えるお金が増えるということも夢ではありません!

旦那さん以上に稼いでいる奥さんも多いビジネスになるので、旦那さんに罪悪感を感じるどころか、自分の稼いだお金で胸を張って好きな物もジャンジャン買えます。

あなたにまとまった収入が入ってきたら、旦那さんの安月給も今ほど気にならなくなり、夫婦でギクシャクすることはなるかもしれません。

こんな希望に満ちたビジネスに興味があれば、是非チャレンジして欲しいと思います。

旦那さんが安月給でも、夫婦仲良く暮らせることを願っております^^♪