出産前・出産後の健康と過ごし方

頻繁に起こる腹痛と出産直前まであった胎動!私の体験談を信じますか?

妊娠した女性

妊娠中はお腹が痛くなる妊婦さんがとても多いですよね。

腹痛が多い人は、常にお腹が張っていて無理しすぎな方に多いと言われています。

私は全然無理はしていなかったのですが、何故か歩くとお腹が痛くなっていました。

そこで今回は、頻繁に起こる腹痛や胎動についてお話したいと思います。

私の腹痛はどうだったか

私は、わりと頻繁にお腹が痛くなる方でした。

ゆったりとした歩幅で少しづつ歩けばそこまで痛くはならないのですが、運動の為にと張り切って割と真剣にスタスタ歩くと、引っ張られるように右下だけがキリキリ痛みました。

出血はないので、大したことないと思っていましたが、念のため定期検診の時に医者に聞いたところ、「子宮が大きくなるに従って起こる靭帯が引っ張られる痛みですね」と言われました。その場合は左右でどちらかが痛むようです。

腹痛の種類

妊娠、胎動医者が教えてくれた腹痛には色んな種類がありました。

私のような「円靭帯が伸びることによって痛いと感じるような痛み」は結構感じる人が多いらしいのですが、妊婦さん特有の妊娠後期に多い「前駆陣痛による痛み」「お腹が張る痛み」もあるそうです。

痛みの中でも要注意な腹痛があるので注意が必要です。

激痛が走る痛み、長時間とまらない痛み、出血を伴う痛みは危険です!!

ちなみに私の友人は、我慢強い子だったので腹痛を我慢しすぎて、病院へ行った頃には医者に怒られたと言っていたので、妊娠中は何でも自己判断はせず、おかしいと思ったらすぐに受診するようにしてください。

腹痛の原因は胎動?

腹痛の原因のひとつとして、赤ちゃんの胎動があります。

私は胎動が激しい方だったので、よく驚いていました。

敏感な体質ということもあり、4か月目半ばぐらいから胎動がありました。

周りに言っても「まだわかる時期じゃない」と言われてしまいそうだったので言わなかったのですが、母親に相談すると「それは、おそらく胎動よ」との事でした。

初めのうちは、胎動をモゾモゾやこそばいと感じるのですが、妊娠中期や妊娠後期だと腹痛のように感じられることがあります。

だから腹痛の原因は胎動による場合もあるのです。

始めの頃の胎動は痛くないのですが、赤ちゃんが成長してくると共に胎動の強さも半端ない感じになってくるので、赤ちゃんにもよりますが、胎動を激痛と感じるママさんは多いようです。

母親と私が経験した胎動

胎動、妊婦母親は双子を妊娠していたので、右端と左端でミミズが動くようなモゾモゾする動きがありました。

さすがに4か月の段階でそんなに大きな赤ちゃんがいるわけがないと思い、その時に双子で胎動があると確信したようです。(以前から、心音は2つ聞こえるかもしれないと医者に言われていたそうです。)

そんなこともあり、私が4か月でお腹が動くと言うと、胎動だと信じてくれたようでした。

私が経験した胎動は、最初は腸がふにふに動き、こそば痒いぐらいだったのですが、徐々に腸がポコポコし始め、5か月目には凄く動きがはっきりとわかるようになりました。

安定期に入ってからはキックパンチ、くしゃみローリング、などもわかりました。

赤ちゃんの機嫌の良い時のポコポコとリズムをとるような動きや、やめて欲しいというようなキックも感じました。

機嫌の良い時のポコポコは、音楽を聴いている時や私が笑っている時、マタニティビクスをしている時は、一緒に楽しんでいるかのように、ゴロゴロ動くし、リズムをとるようにポコポコと動きました。

やめろというキックは、私が長時間かがんだりお腹を折り曲げて喋ったりすると、子宮の隙間が狭くなって苦しくなる為、やめろという感じでドスドス蹴ってきました。(あくまで私の個人的主観です)

胎動って、色んな様子が知れて面白いですよね。

ただ私の場合、第1子は余裕もあり赤ちゃんと向き合える時間もあったので胎動をよく感じることが多かったのですが、第2子ともなると、上の子のお世話に大変で胎動を感じる余裕もなくて、よっぽど大きく蹴られたりしない限り「痛い」とは感じませんでした。

まとめ

胎動は、どんな動きでもとても可愛く感じられます。

夜中に動いて動いて眠れない時もありますが、自分の中に命が宿っていると思うと凄く愛おしいです。

エコーで見る赤ちゃんの動きが自分の感じているこの動きだと思ったら、凄く不思議な感じです。

生命って神秘ですよね。

これらはあくまで私の個人的主観と経験談なので、4ヵ月で胎動がないから、胎動の違いがわからないからといって、どこか私はおかしいのかな?とは思わないで下さいね。

私がそのように感じたというだけの話です。

胎動は、赤ちゃんとママのコミュニケーションでもあります。

ただ痛いと思うのだけではなく、赤ちゃんと会話するような気持ちで胎動を楽しんでいきましょう。

また、妊娠中の私の悪阻経験も載せていますので、よろしければご覧になってくださいね。

妊婦
出産前のひどい悪阻で苦しんだ私が実践した、5つの対処法とは?悪阻は本当にしんどいものです。 私は妊娠後期の出産間際まで悪阻が続き、大変苦しみました。 私のようにムカムカや胃もたれ・胃痛などで苦...